話し方が下手な人うまい人言葉の違い

皆さんは「スピーチしてください」とか「自己紹介してください」と言われた時どんな風に対応していますか?

・緊張しながらも上手く話そうと頑張ったけど、話がまとまらなかった
・何となく勢いで話せたけど、何を言ったか覚えていない
・上手く話したいのに、話せなくて苦手
という方も多いと思います。

私もまさにそうでした。

でも今は、たとえ緊張したとしても
「丸山さんてスピーチ上手いですね」
と言われるようになりました 。

なぜ、緊張しいな私でも
「スピーチが上手い」
と言われるようになったのか?

それは、使う言葉を変えたからです 。

司会者として話し方を分析

私はイベントや結婚式で司会の仕事をしています。

たくさんの人のスピーチを
目の前で見て、聞いてきました。

そこで分かったんです!

スピーチが下手な人がよく使う言葉
スピーチが上手い人がよく使う言葉
があるということを発見しました。

これに気がついてから私は変わりました。

スピーチが上手い人の言葉を
真似するようになりました 。

スピーチや自己紹介が下手な人と上手い人は
使っている言葉が違います。

これから紹介するので、
ぜひ皆さんがスピーチや自己紹介をするときにお役立てください。

話し方が下手な人がよく使う言葉

まず、
下手な人がよく使う言葉を
2つ紹介します。

下手な人ほど
この2つの言葉を何度も使います。

下手な人が使う言葉①「ので」

1つ目は「ので」です。

「ので」というのは
理由と結論をセットで伝える時に使う言葉です。

例えば 、A なので B。

緊張しいなので人前で話すのが苦手
とかですね 。

スピーチを聞いている人は
「ので」という言葉が聞こえると
「この後に結論を言うんだろうな…」
と予測します 。

スッとスムーズに結論が言えれば良いのですが、
スピーチが下手な人はここでもう1つ
よく使う言葉を出してしまいます 。

下手な人が使う言葉②「けど」

では、下手な人がよく使う言葉2つ目を紹介します。

「けど」です。

「けど」は
異なる意味を伝える時に使う言葉です。

例えば、 A だけど B。

 焼肉が好きだけどお寿司も好き!
とかですね。

スピーチを聞いている人は
「けど」という言葉が聞こえると
「この後に異なる内容を話すんだろうな…」
と予測します。

シンプルに異なる内容を伝えられれば良いのですが
スピーチが下手な人はここから更に
ダラダラと話を続けてしまいます。

話し方が下手な人の例

このように
スピーチや自己紹介が下手な人は
「ので」と「けど」を使いますが

ポイントは
1度だけでなく何度も使うことです。

例を書いてみます。

私は丸山久美子と言うんですけど
もともと緊張しいな性格なので
人前で話すのはとても苦手なんですけど
少しでも上手に話せるようになりたいので
話し方を勉強しているんですけど
器用な性格でもないので
成長のスピードはゆっくりなんですけど
話せるようになりたいと思ってるので
頑張っています。
よろしくお願いします。

みたいな感じですね!

話し方が下手に聞こえる理由

なぜ「ので」と「けど」を何度も使うと
下手に聞こえるのでしょうか?

それは
何が言いたいのか伝わらないからです。

上記の例文のように話すと
「ので」で結論に行くのかなと思いきや
「けど」がきたから異なる内容に行く…
かと思いきや!

また「ので」きたから結論…
じゃなくて「けど」で異なる内容で…!

結局なんなの!?
何が言いたいの!?と
聞き手には理解できないスピーチになります。

結果的に
「この人はスピーチが下手だ」
という印象になるのです。

頭が真っ白になる人もこの話し方

人前で話すときに緊張して
頭が真っ白になる人も
この話し方をしています。

「ので」「けど」で文を繋げると
話している本人も
何を話しているのか分からなくなります。

焦って緊張が高まる

あがる

頭が真っ白になる

というわけです。

…まさに私が
こういう話し方をして
沢山失敗してきました。

話し方が上手な人が使う言葉

せっかく頑張ってスピーチするのですから
下手だな~と思われるより
上手い!と思われたいですよね!

では次に、
スピーチや自己紹介が上手い人が使う言葉を
2つ一気に紹介します。

上手い人が使う言葉「です」「ます」

スピーチや自己紹介が上手い人は
「です」や「ます」を使って話します。

「です」も「ます」も
内容を言い切る時に使う言葉です。

先ほど紹介した
「ので」や「けど」と相性が良く
組み合わせることで
話す内容がきれいにまとまります 。

話し方が上手い人の例

どんな風に組み合わせると上手に聞こえるのか
例を書いてみたいと思います 。

私は、丸山久美子といいます。
もともと緊張しいな性格なので
人前で話すのは苦手です。
でも、
少しでも上手に話せるようになりたいので
毎日話し方を勉強しています。
器用な性格ではないので
成長のスピードはゆっくりなんですけど
頑張ります。
よろしくお願いします。

って感じですね !

話し方が上手く聞こえる理由

このように、「ので」や「けど」に組み合わせて「です」や「ます」で文を言い切ることで、1つ1つ文が綺麗にまとまります。

スピーチや自己紹介が上手な人は
「です」や「ます」を使っているため
内容が伝わりやすいのです。

結果的に
「この人話すの上手いなぁ」
という印象になります。

まとめ

「スピーチや自己紹介が下手な人と上手い人の言葉の違い」について紹介しました。

●下手な人
「ので」や「けど」を何度も使う。

●上手い人
「です」や「ます」も組み合わせている。 

今後のスピーチや自己紹介では
「ので・けど」な話で方ではなく
「です・ます」な話し方を意識していきましょう!

動画版もあります

YouTubeでも解説しています。
あわせてご覧ください。

ブース前集客ツール「バーチャル接客員」